臨床から非臨床へと考えた薬剤師の企業への転職

臨床の現場ではなく一般企業で薬剤師として働く道

企業に転職しよう考えを持つきっかけになったのは、薬剤師として病院で働いてきて臨床現場に自分が向いていないと思ったからでした。
基本的な社会マナーは身に付いていても、それに加えてもう一歩高いレベルでの接客能力が求められます。
自分はそのサービス心があまりなくて、献身的に患者に向き合うということが苦手だと気づき、他の道はないかと模索しました。
そのときに気づいたのが、企業で医薬品に関わって行く方法があるのではないかということです。
医薬品のプロとして薬剤師が活躍できる場は医薬品や医療機器のメーカーであればきっと見つかるだろうと考えて求人を探すようになりました。
私の住んでいる地域には医薬品メーカーが多いということもあって、求人募集をみるといくつかの募集を見つけることができました。
ただ、求人情報をいくら見てもわからない問題があって、すぐには転職活動を本格化させることができなかったのも確かです。
求人情報鬼はおよその待遇や所在地などについての記載はありますが、どこの企業なのかや具体的な仕事内容が何なのかということについてほとんど情報がありません。
ほんのわずかな数だけに詳細な情報が載せられているという状況だったので、本当に求人に応募して良いものかと悩んでしまったのも当然でしょう。
どうしたら情報がもらえるのかと考えているうちに、情報の提供者である求人サイトの運営側に問い合わせてみるのが近道だと思いつきました。

臨床の現場ではなく一般企業で薬剤師として働く道給与交渉も薬剤師専門転職エージェントにおまかせ!